留学情報

【オーストラリア留学・ワーホリ】現地でおすすめのお米!日本から持ち込み必須の食品!行かなきゃ損アジアンマーケット!

男性

現地での生活が始まったけど、食事はコストを押さえながら日本風の料理を作りたいな!できればシェアメイトにも日本食を振る舞いたい!

スーパーで売ってるもので日本の味に近いものあるのかな?どこかで安く買うことできるのかな?

女性

留学での渡航では、観光と違い毎日外食する訳にはいきません物価が高いオーストラリアではなおさらです。すぐに一文なしになってします。

さらに、キッコーマンの醤油、ポン酢、ほんだし、キューピーのマヨネーズ、ミツカンのおなどなど、日常で当たり前にあったものが、現地ではなんと約2〜4倍の価格で売られております!

家電などで日本製品が高いのは知ってたけど、食材も高いのかよ!(輸入費用など考えれば当たり前なんですが・・・・)極力、最初は日本製品を買うのではなく、現地で日本の味と近いものを探しました!

今回はその時の経験から現地でおすすめの商品、代えの効かないと商品、マーケットについてご紹介したいと思います!

1.お米はサンライズレッド一択!!

日本人が主食とするお米ですが、現地では「sticky rice(粘りのある米)」と呼ばれています。

タイ米やジャスミン米などは日本でもパサパサしてるイメージは持ってましたが、まさか我が国のお米がネバネバ系と呼ばれているのは知りませんでした!(笑)

私は完全にパンより米派なので、日本に住んでいた時と同様にお米中心の生活をしたいと思ってました。しかし、オーストラリアで日本のお米を買おうとするとあきたこまちで10キロで65豪ドル(約5900円)します。それを毎月は無理ですよね。

そこで選択したのは「サンライスレッド」
日本食レストランでもこのお米を使用しているお店が多いと友人から情報を得て、食べたところ日本の米との感覚があまり変わらないです。
さすがに香りだったり、艶だったりと比べたらもちろん劣りますけど、充分です!

当時の記憶では、10キロで約23豪ドル(約2070円)
しかもスーパーではよくセールを行うので、その時にはさらに安くなります!

コーラや野菜なども同様ですが、大量に買った方が安くなるシステムがベーシックになっていますので、5キロしか売ってないときなどはまとめ買いしておくことをお勧めします!

2.キューピーマヨネーズ最強説!持ち込みましょう!

日本ではあまり食べなかったマヨネーズですが、せっかちで面倒くさがりなので、野菜にチャチャっとつけて食べたり、パンにハム乗っけてマヨかけてと、早く、うまく食事を済ませたい!と考え、現地のマヨネーズを買いました!!

が、「オーストラリアのマヨネーズってこんな味なの!?嘘でしょ?」とマイルドでコクのあるマヨを想像していた私は度肝を抜かれました。

基本的に味が違う、なんというか酸っぱくて、脂っぽくて、おいしくない。すぐ捨てました!(笑)

そのあと何種類かマヨネーズを試しましたが、代わりになるような類似品はありませんでした。結局キューピーマヨネーズを購入し、食べていました!考えられないほどうまい

日本ではむしろマヨネーズつけると全部マヨの味になってしまうからと好んでいなかったんですが、オーストラリアに来てから本当に好きになりました。キューピーの偉大さ!感謝です!

ファーム生活していた頃はにんじんやきゅうり、セロリを買って、マヨネーズで食べてましたよ。野菜はマヨネーズを食べるためのただの棒でした。

同じ場所にステイしていたイギリス人、フランス人、台湾人、オーストラリア人に勧めたら、みんな大絶賛でキューピーを購入するようになりました

私、別にキューピーさんの申し子でもなんでもございませんよ。(笑)

現地で購入すると1.5倍くらいするので、替えの効かないマヨネーズは、日本から2〜3本持ち込みすることをお勧めします!加工品なので持ち込み可です!

3.行かなきゃ損!アジアンマーケット

コヴェントリー・ヴィレッジ外観

野菜もそろそろ日本の食材に近いものが欲しいな。大根とかはないんだな・・・

オーストラリアどの都市に行っても調べてみるとアジアンマーケットはあります!

パース在住時はモーリーにあるコヴェントリー・ヴィレッジに行ってました!市内から車で15分!バスでも行けます!

中に入ると、まさにアジアの市場という空気感でデザイン性のかけらもない店内です。だだっ広いスペースに野菜、果物、アジアの食材がぎっしり陳列されています!

長ネギ、キャベツ、ほうれん草、なかなか手に入らないオクラなど、どれも激安で売られています!その他もやし、きゅうり、トマトなどもどれも大手スーパーと比べてかなり割安です!

ひとつだけ注意して欲しいのは食材を買う時によく商品を見てください!
虫がついてることが結構あります!フレッシュならではなのですが、虫が苦手な人が台所で叫ばないようにお伝えしてきますね!(笑)食材は問題ございません!

上記で説明したおすすめのお米、サンライスレッドも、もちろん売っております!

さらにこのマーケットではアジアン食材だけでなく、普段は高くて手が出ないシーフードなども安く購入できました!確かお肉も安く買えた記憶があります!カップラーメンや日本のお菓子なども!!
生鮮食材だけでなく、雑貨、美容院やペットショップも揃っていて、見ていて飽きません!!

コールスの保冷バック

私の場合はスーパーなどで購入できるバックを2つ持って2週に1回行ってました。

車を持っていなかったのでバスで行ってましたが、車を持っている友人がいたら一緒に行くのがいいですね!バスだと正直家までの道がしんどかったです。

観光としても食糧購入にしても1度でいいから行ってみてください!おすすめです!

-留学情報

Translate »

© 2022 THE PERTH